CHEF'S GALLERY グラススタジオ・ジャパン 高品質でスタイリッシュなレストランのガラス食器 GLASSSTUDIO 

グラススタジオ・ジャパン 高品質でスタイリッシュなレストランのガラス食器
logo.jpg

創作中華 一之船入

創作中華 いちのふないり

c_itino.jpg




京都府京都市中京区河原町二条下ル一之船入町537-50
075-256-1271
http://ichinohunairi.com/

c_itinox.jpg

斬新なデザインで、お皿からいろいろな料理のアイデアが浮かび上がってくるんです。
いい器との出会いは、初恋のようにドキドキワクワクさせてくれますね。

ウェスティン都ホテル京都

ウェスティン都ホテル京都

c_miyako.jpg




京都市東山区三条けあげ
075-771-7111
http://www.westinmiyako-kyoto.com

c_miyakox.jpg

リムのピンクとバレンタインをイメージして、可愛らしく仕上げてみました。
甘いマンゴームースの酸味がアクセントになっています。

祇園おくむら

祇園おくむら

c_okumuran.jpg




京都市東山区祗園町北側255番地
075-533-2205
http://www.restaurant-okumura.com/

c_okumuranx.jpg

元々作家ものや味のある器が好きでグラススタジオのハンドメイド的な雰囲気が気に入ってます。特に縁で見せるものが多いので料理が映え、また温かい料理に使える実用的なところも魅力ですね。料理は定番の伊勢海老のグラタンに旬の松茸を加えソースのグリーンをアクセントに添えてみました。家庭でのパーティーやちょっとしたおもてなしにお薦めです。

西洋膳所おくむら

西洋膳所おくむら

c_okumuras.jpg




京都市左京区一乗寺谷田町3
075-781-0001
http://www.kyoto-okumura.com/

c_okumurasx.jpg

伝統的なものから個性的なものまで様々な食器を扱ってきましたが、Glass Studio社の器は今までにない斬新なデザインが気に入っています。料理人に作る楽しさを与えてくれる器ですね。スープや肉・魚料理など、温かいメニューに使えるのも実用的です。料理は春の食材を生かし、食卓が明るくなるような一品に仕上げました。

一乗寺 中谷

一乗寺 中谷

c_nakatani.jpg




京都市左京区花脊原地町大悲山
075-746-0231
http://ichijouji-nakatani.com/

c_nakatanix.jpg

斬新なデザインで、お皿からいろいろな料理のアイデアが浮かび上がってくるんです。
いい器との出会いは、初恋のようにドキドキワクワクさせてくれますね。

パティスリー・オ・グルニエ・ドール

パティスリー・オ・グルニエ・ドール

c_gr.jpg





京都府京都市中京区堺町通錦小路上ル527-1
075-213-7782

c_grx.jpg

秋らしさをイメージして、ブラウン系のお皿に栗のムースを合わせてみました。曲線が特徴的なお皿なので、円筒形のムースで曲線と直線を、そして透明感は飴細工で表現しています。

プルミエ・クリュ

プルミエ・クリュ

1er.jpg




長崎市鍛冶屋町6−28
095-829-1061
http://www.1ercru.jp/

1erx.jpg

クラッシクとモダン。全ての分野に存在しますが共存する事で両者の価値を高め、更にはお互いの良さを引き出してくれるのではないでしょうか?グラスタジオのお皿は私にとって新しい料理や盛付け、可能性、創造力・・・全てにおいて終わりの無い創作意欲を与えてくれる。そんな道具の1つです。ガラスの器は料理の見映えが美しいのは当然ですが、天井からのライトの光が下から反射し、お客様の顔をとても綺麗に照らし出します

野草一味菴 美山荘

野草一味菴 美山荘

c_nakahigashi.jpg




京都市左京区花脊原地町大悲山
075-746-0231
http://miyamasou.jp/

c_nakahigashix.jpg

左側が少し上がり気味の「小鉢」は、“ものは左から右に流れていく”
という日本料理の考え方に、自然と当てはまっています。「おしぼり置き」は、竹の筒を縦に半分に割ったような形に“和”を感じます。表裏から塗られたプラチナがお皿全体に奥行きを与え山水画の遠近法を思わせます。器がモノトーンなので、彩り豊かな旬の野草を中心に盛り込んでみました。

レストラン よねむら

レストラン よねむら

c_yonemura.jpg




京都市東山区清井町481-1
075-533-6699
http://r-yonemura.jp/

c_yonemurax.jpg

お皿は自分の趣味だけだと偏るので、いろんな人の意見を聞いて選んでいます。これは無色透明で料理の色を生かしてくれそうでしょう。グラススタジオのペンホルダーやカードケースも、形が面白いので時々お皿として使います。お皿次第で、料理が違った表情を見せるから不思議ですね。このメニューは、クリスマスをイメージしてみました。イタリアの甘味料「ビンコット」で、ほんのり甘めに仕上げてあります。ホームパーティでのアミューズにもオススメです。

ぎおん楽楽

ぎおん楽楽

c_rakuraku.jpg




京・祇園花見小路下ル西側
075-532-0188
http://www.rakurakuso.com/

c_rakurakux.jpg

和食では陶器の出番が圧倒的に多く、今まではガラス器といえば夏場にしか使えなかったのですが、このGlass Studioのガラスの器はフルシーズン使えるのが魅力です。いわゆる切子などの伝統的なものでなく、このモダンさがお客様には新鮮に映るようです。料理が映え、高級感を与えてくれるのもいいですね。蕪蒸しは京の冬の代表的な一品ですが、今回はお正月にふさわしく彩り豊かにおめでたい雰囲気を表してみました。ごちそうに疲れた胃にもやさしいし、何よりも身体が温まりますよ。

三鴨 朋典

三鴨 朋典

IMG_0255.JPG
グラススタジオのプレートとの出会いは私にとって料理感をも
変えてしまいました。耐熱プレートという質感、デザイン、色、
形状、全てが私の向上心、探究心、あそび心を掻き立ててくれる
素敵なキャンバスですね。
時には控えめでシンプルに、そして時には大胆に。
私のプレート選びは食材の色彩目線ではなく、
料理の完成形の温度と表情でチョイスしています。
私の料理とグラススタジオのプレートでこれからもオートクチュールを極めたいですね。


_X2K9115.JPG

お祝いの席に欠かせないアイテム・・・お寿司
そんなお寿司をお祝いの席でもご提供いたしております。紅白の寿しネタには本マグロと
帆立貝をチョイス!酢飯はほんのりとピンク色に染めた愛らしい手毬寿司もこんなに素敵なガラスプレートに盛り付けると表情もデザートの様な、何故かヨーロピアンテイスト。



_X2K9138.JPG

純白のウエディングドレスをイメージして作った春の一品
帆立貝、独活、アンディーヴ、全て真っ白な食材のコンポジション。
ティアラの様な質感のあるプレートにジュエリー(キャヴィア)でドレスアップ!




_X2K9149.JPG

オレンジのアロマをまとった鮃の低温スチームにリソレした蛍イカと春キャベツと
アンチョヴィのエッセンス。
味覚の構成もさることながら、こんなゴージャスで温もりさえ感じるシルバー
プレートで・・・
・・・  ア・ターブル!




_X2K9282.JPG

ご覧の通り、アボカドのモンブラン。
中には飛び出してきそうなくらいの本マグロのサラダに山椒の香りを纏わせて。
シンプルなプレートに盛り込んで存在感を・・・。





_X2K9314.JPG

グリーンアスパラガスのサラダとキャヴィア
シャキシャキな生のアスパラとさっと火をいれたアスパラの食感を楽しんでいただける
一品。
涼しげなストライプ模様のプレートがとても完成度を高めています。





_X2K9353.JPG

【私の恩師・・・GUY SAVOY氏に感謝と敬意】
料理POP用のPHOT
レンズ豆とラングスティーヌのクレーム・レジェ。
斜めのプレートにスープとガルニチュールをセパレートした一品。
GUY SAVOY信者ぞっこんのスペシャリテ





_X2K9237.JPG

お食事の後のお楽しみと言えばデザート!
レストランは勿論ワゴンサーヴィスが定番ですが、私はブライダルのガーデン・ビュッフェスタイルでは特注のアイスクリームワゴンで季節のシャーベット&アイスクリームをお客様のお好みでこのプレートにサ―ヴィスさせていただいております。





IMG_8956.jpg

ニューオーリンズスタイル ≪ジャンバラヤ≫
トマトの風味をつけたジャンバラヤにブレス産のプーレ、ラングスティーヌ、パプリカetc…を添えた私の大好物。
食材の色彩やお米の表情がとても愛らしいです。





秋メニュー写真 019.jpg

フランス産の小粒の白いんげん豆≪アリコ・ココ≫とモン・サン・ミッシェル産の
小粒のムール貝を取り合わせた冷静スープ。
仕上げに上質なエクストラ・ヴァージン・オリーヴオイルをパルファンとして一振り・・・
至福を感じるプレート